本協会について

北海道公認心理師協会について

心理職に携わる者にとっては、国家資格の誕生は長きにわたる悲願でした。多くの関係団体、関係学会等のご努力、国民の声、そして議員連盟のご支援により、国会審議を経て、2015年9月に公認心理師法が成立しました。2018年9月9日(12月16日 北海道追試験)には第1回国家試験が実施され、同法第28条に定められた公認心理師登録が始まり、わが国初の心理職の国家資格である公認心理師が誕生しました。

全国では一般社団法人日本公認心理師協会が既に活動を開始しております。北海道内の公認心理師の職能団体として、2019年2月13日に北海道公認心理師協会を設立し、活動を開始しております。北海道公認心理師協会は、正式に日本公認心理師協会の協力・協賛団体になっております。同協会と同じ方向を向き、連携・協力して活動を進めていきます。(日本公認心理師協会 https://www.jacpp.or.jp/

道内における心理支援に関わる他の職能団体等との連携・協力を促進していく団体として、諸分野における公認心理師の職能の開発と向上をめざし、社会貢献活動や政策提言、会員等への教育研修・情報提供、そして相互研鑽などを通じて、北海道の心理支援の発展に寄与していくことをめざしています。時代の変化に応じた心理支援の知識や技能の向上を図り、社会の負託に応えていくこともめざしています。



本協会の理念

  • 公認心理師の専門性を向上させ、他領域にまたがり、心理的支援を行います。
  • 心理的支援を必要とする、北海道民のこころの健康に寄与します。
  • 関係機関・関係団体との連携を重視し、心理的支援の構築を図ります。